スポンサードリンク

2016年02月02日

確定申告 提出 2014

アフィリエイトっておこづかい稼ぎみたいなイメージがありますが、事業としても十分に成り立つものだったりします。私はアフィリエイトで生計を立てているわけですから、もちろん事業として取り組んでいます。で、事業としてのアフィリエイトって粗利率がめっちゃくちゃ高いんですよ。業種によっても粗利率って変わりますし、製造業は比較的粗利率が低くなる傾向にあるようです。日本を代表するトヨタですら粗利率は20%前後です。この数字を覚えておいてくださいね。

一方、アフィリエイトの粗利率ですが、戦略・戦術にはよりますが80%〜90%ぐらいは問題なくとれちゃいます。ものすごく割のいい商売なんです。所得税は所得に対して掛かる税金のことですが、所得の種類によって課税のされ方も変わってきます。所得の種類は10ありますので、それぞれどういった内容なのか見ておきましょう。事業所得とは、個人事業主やフリーランサーが営む事業から得られる収入が該当します。農業、漁業、医者、弁護士、芸能人、競馬騎手などが該当します。

それらの人が本業で得た収入のことを指します。利子所得とは、金融機関に預けている預貯金の利子や保有している公社債の利子などを受けとることで得た収入のことを指します。配当所得とは、株主や出資者などが法人から受け取った配当による収入のことを指します。不動産所得とは、土地や建物などの不動産を貸して得られる賃貸収入などのことを指します。不動産ではありませんが、船舶や航空機を貸し付けて得られる収入も不動産所得に該当するそうです。確定申告は、専門の申告用紙を使って行いますが、申告用紙は申告する内容によって3種類ありますね。

ざっくり分けると申告書Aを使うのはサラリーマンやOL、年金生活者、申告書Bを使うのは個人事業主や不動産賃貸収入がある人、分離課税用を使うのは株式や土地・建物を売ったり退職所得があった人という風に分かれるそうです。それぞれの用紙のダウンロード先を紹介しておきます。


ラベル:確定申告 提出 2014
posted by 国税庁 確定申告 2014 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 提出 2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
国税庁 確定申告 2014」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。