スポンサードリンク

2016年01月27日

確定申告 2016 平成

ライターの仕事などをしていますと、取引先から仕事の報酬が支払われる際に10%の源泉徴収をされた金額が振り込まれます。また、予定納税という形で所得税を前払いしている方もいます。こういったケースに該当する場合、確定申告をすることで、余分に支払っていた税金を返してもらえるということがあります。一方、個人事業主やフリーランサーとして仕事をしている場合は、所得税を納めるために必要な手続きをすべて自分で行う必要があります。この一連の手続きのことを確定申告といいいます。確定申告は所得税を納めるという以外にも、住民税や健康保険料といったものの算定基礎にとしても必要になります。

しっかりと手続きしておきましょうね。住宅ローンや自動車ローンといった一般的なローンを申し込むときに必要になってくる所得証明があります。会社員の場合ですと、年末調整が終わった後にもらえる所得税の源泉徴収票がこの証明にあてはまります。個人事業主やフリーランサーの場合は、収入を証明するために確定申告をして市役所などから所得証明を発行してもらう必要があります。


ラベル:確定申告 2016 平成
posted by 国税庁 確定申告 2014 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 2016 平成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
国税庁 確定申告 2014」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。