スポンサードリンク

2016年02月17日

確定申告 解説 初心者

給与所得とは、サラリーマンが勤務先から支払われる給料や賞与などの収入です。山林所得とは、山林を譲渡したときや木々を伐採して譲渡したときなどに得られる収入を指します。一時所得とは、生命保険の満期払い戻しや、懸賞にあたるなどして一時的に得られた収入を指します。退職所得とは、勤務先を退職するときに勤務先から得られる退職手当などの収入を指します。譲渡所得とは、土地や建物、株式、ゴルフ会員権などの資産を譲渡することで得られる収入を指します。雑所得とは、上記のどれにも該当しない収入のことを指します。

著述家や作家でない人が受ける原稿料や印税、講演料なども雑所得になります。所得税は所得に対して掛かる税金のことですが、所得の種類によって課税のされ方も変わってきます。所得の種類は10ありますので、それぞれどういった内容なのか見ておきましょう。事業所得とは、個人事業主やフリーランサーが営む事業から得られる収入が該当します。農業、漁業、医者、弁護士、芸能人、競馬騎手などが該当します。それらの人が本業で得た収入のことを指します。

利子所得とは、金融機関に預けている預貯金の利子や保有している公社債の利子などを受けとることで得た収入のことを指します。配当所得とは、株主や出資者などが法人から受け取った配当による収入のことを指します。不動産所得とは、土地や建物などの不動産を貸して得られる賃貸収入などのことを指します。不動産ではありませんが、船舶や航空機を貸し付けて得られる収入も不動産所得に該当するそうです。確定申告に必要な用紙を手に入れる方法はいくつかあります。1つめは近くの税務署や広域センターに行って、用紙をもらってくる方法。

2つめは、税務署から郵送で送ってもらう方法。3つ目は、国税庁のホームページからダウンロードしてくる方法です。税務署から確定申告の用紙を郵送してもらう場合は申告する内容や住所・氏名・電話番号などの必要事項を記入したメモ書きと返信用封筒(もちろん自分宛に宛名を書いて切手も貼ってくださいね)を同封して所轄の税務署宛てに送ればよいそうです。私の場合は、個人事業主として登録した所轄の税務署から確定申告と青色申告に必要な書類が一式送られて来ました。特に書類を送ってくださいと依頼した訳ではありませんが、納付実績があるので送ってくれるのかもしれません。ありがたいことです。



posted by 国税庁 確定申告 2014 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 解説 初心者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

確定申告 提出 2014

アフィリエイトっておこづかい稼ぎみたいなイメージがありますが、事業としても十分に成り立つものだったりします。私はアフィリエイトで生計を立てているわけですから、もちろん事業として取り組んでいます。で、事業としてのアフィリエイトって粗利率がめっちゃくちゃ高いんですよ。業種によっても粗利率って変わりますし、製造業は比較的粗利率が低くなる傾向にあるようです。日本を代表するトヨタですら粗利率は20%前後です。この数字を覚えておいてくださいね。

一方、アフィリエイトの粗利率ですが、戦略・戦術にはよりますが80%〜90%ぐらいは問題なくとれちゃいます。ものすごく割のいい商売なんです。所得税は所得に対して掛かる税金のことですが、所得の種類によって課税のされ方も変わってきます。所得の種類は10ありますので、それぞれどういった内容なのか見ておきましょう。事業所得とは、個人事業主やフリーランサーが営む事業から得られる収入が該当します。農業、漁業、医者、弁護士、芸能人、競馬騎手などが該当します。

それらの人が本業で得た収入のことを指します。利子所得とは、金融機関に預けている預貯金の利子や保有している公社債の利子などを受けとることで得た収入のことを指します。配当所得とは、株主や出資者などが法人から受け取った配当による収入のことを指します。不動産所得とは、土地や建物などの不動産を貸して得られる賃貸収入などのことを指します。不動産ではありませんが、船舶や航空機を貸し付けて得られる収入も不動産所得に該当するそうです。確定申告は、専門の申告用紙を使って行いますが、申告用紙は申告する内容によって3種類ありますね。

ざっくり分けると申告書Aを使うのはサラリーマンやOL、年金生活者、申告書Bを使うのは個人事業主や不動産賃貸収入がある人、分離課税用を使うのは株式や土地・建物を売ったり退職所得があった人という風に分かれるそうです。それぞれの用紙のダウンロード先を紹介しておきます。
ラベル:2014 提出 確定申告
posted by 国税庁 確定申告 2014 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 提出 2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

確定申告 2016 平成

ライターの仕事などをしていますと、取引先から仕事の報酬が支払われる際に10%の源泉徴収をされた金額が振り込まれます。また、予定納税という形で所得税を前払いしている方もいます。こういったケースに該当する場合、確定申告をすることで、余分に支払っていた税金を返してもらえるということがあります。一方、個人事業主やフリーランサーとして仕事をしている場合は、所得税を納めるために必要な手続きをすべて自分で行う必要があります。この一連の手続きのことを確定申告といいいます。確定申告は所得税を納めるという以外にも、住民税や健康保険料といったものの算定基礎にとしても必要になります。

しっかりと手続きしておきましょうね。住宅ローンや自動車ローンといった一般的なローンを申し込むときに必要になってくる所得証明があります。会社員の場合ですと、年末調整が終わった後にもらえる所得税の源泉徴収票がこの証明にあてはまります。個人事業主やフリーランサーの場合は、収入を証明するために確定申告をして市役所などから所得証明を発行してもらう必要があります。
ラベル:確定申告 2016 平成
posted by 国税庁 確定申告 2014 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 2016 平成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
国税庁 確定申告 2014」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。